憧れの看護師☆人気の医療事務★ 医療系女子の生き方ファイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

大病院の看護師

収入         ★★★★☆
家庭との両立   ★★★☆☆
社会貢献度    ★★★★☆

大病院の看護師の仕事

大学病院、公立病院、私立病院などで働く看護師は、夜勤や急患もある職場でかなり忙しく働いています。通常、多くの患者さんを医局ごとの看護チームで「チームリーダー制」で担当します。一人の患者さんに一人の担当看護師がつく「プライマリーナース制」を採用している病院もあります。大きなチームで仕事をするのでコミュニケーション能力が欠かせません。中核的な大きな病院の看護師は4年生の看護大学を卒業している人が多く、大学病院などでは臨床経験者のみ採用のところもあります。就職してからも、忙しい仕事の合間に新たな知識の勉強が必要です。大きな病院だとガン治療、小児治療、新生児室などいくつかの専門的な現場を体験できるメリットがあります。

大学病院で働くなら

最先端の医療現場で常に新しい知識が学べますから、積極的に知識を吸収しましょう。専門看護師や認定看護師、助産師などを目指すのもいいでしょう。以前は激務で子育てとの両立は難しかったのですが、最近は院内保育所を設けたり、育休や時短勤務制度が充実している病院が増え、長く勤められる職場になってきました。

大学病院への転職

大学の看護学科を卒業した人がその大学病院に就職しているケースが当然多いですが、外部からの転職も可能です。他の職場で知識を経験を積んで、看護師エージェントや看護師就職支援サイトを利用して探してみましょう。

看護師の転職は

圧倒的な求人数(8万件以上)がある「ジョブデポ看護師」がおすすめ。
他のところが広告費に充てる部分をお祝い金 として求職者に還元し、最大40万円のお祝い金をもらえる所も人気の秘密です。個人情報保護も徹底した厚生労働省認可の紹介会社です。


コンテンツ

  1. 医療系が女性におすすめの理由
  2. 医療業界の今後
  3. 介護業界の今後
  4. 何を大事にする?
  5. 看護師の資格は医療系のパスポート
  6. 大病院の看護師
  7. 個人病院の看護師
  8. 社会福祉施設
  9. 訪問看護師
  10. 企業で働く
  11. 保育所で働く
  12. 養護教諭になる
記事検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索