憧れの看護師☆人気の医療事務★ 医療系女子の生き方ファイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

看護師の資格は医療系のパスポート

看護師は重要な仕事!

看護師は医師の補助的な役割ではありません。医療の現場の主役の一人といってもいいでしょう。その役割は今後さらに重要になります。そのことの表れが、看護師の中でもさらに上級の資格認定制度です。日本看護協会が専門看護師、認定看護師、認定看護管理者の資格認定を行っています。

☆専門看護師
 個人や集団に対して水準の高い看護ケアができる看護師が認定される。

☆認定看護師
 特定の看護分野の知識と技術を持つ看護師が認定される。

☆認定看護管理者
 管理者として優れた資質を持ち、組織・地域福祉に貢献できる看護師が認定される。

看護師資格から医療が始まる

看護師、理学療法士、作業療法士などに必要な医療の知識はすべてに共通する科目も多くあります。女性で医療の世界に興味があるけれどどの資格をとるべきか悩んでいるなら、まずは看護師資格を目指すのがいいでしょう。看護師職は、認定看護師、専門看護師などの資格でレベルアップすることも、保健師や助産師を目指すことも可能です。また、看護師から社会福祉士や心理療法士、保育の道など少し違う分野へ進む人もいますし、独立ができる医療専門家になりたいと思ったら柔道整復師などの勉強をする人もいます。看護師資格は、医療の様々な道へ進むための基本的な知識と経験をつけるのに適しています。また、健康関連の企業などでも看護師資格保有者を歓迎しています。「看護師」は重要な仕事であるだけでなく、役に立つ資格であり、医療の世界へ足を踏み入れる最初のパスポートとして適しているのです。

看護師の転職は

圧倒的な求人数(8万件以上)がある「ジョブデポ看護師」がおすすめ。
他のところが広告費に充てる部分をお祝い金 として求職者に還元し、最大40万円のお祝い金をもらえる所も人気の秘密です。個人情報保護も徹底した厚生労働省認可の紹介会社です。


コンテンツ

  1. 医療系が女性におすすめの理由
  2. 医療業界の今後
  3. 介護業界の今後
  4. 何を大事にする?
  5. 看護師の資格は医療系のパスポート
  6. 大病院の看護師
  7. 個人病院の看護師
  8. 社会福祉施設
  9. 訪問看護師
  10. 企業で働く
  11. 保育所で働く
  12. 養護教諭になる
記事検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索