憧れの看護師☆人気の医療事務★ 医療系女子の生き方ファイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

保育所で働く

収入         ★★★☆☆
家庭との両立   ★★★☆☆
社会貢献度    ★★★★☆

子どもとかかわる看護師の仕事とは?

子どもにかかわれる仕事として、小児科のほか、保育所、児童福祉施設や助産院に看護師として勤務する選択肢があります。「社会福祉施設」として、老人福祉施設などと併設されていることもあります。最も求人が多いのは、保育所です。

保育園看護師の仕事とは

一般的な保育所ではあずかる子どもの人数に応じて看護師の配置が義務付けられています。「保育園看護師」と呼ばれることが多いです。

保育園看護師は、園児たちの毎日の健康状態のチェック、衛生管理、ケガや体調不良の子どもたちのケアなどが主な業務です。このほか、保育士と同様に子どもの世話をする仕事もあります。

保育園看護師のメリットとデメリット

保育園看護師のメリットは、夜と土日がお休みと言うことです。子ども好きな人にとっては毎日たくさんの子どもと触れ合えることもメリットです。

相当大きな保育所でない限り保育園看護師は園に1人だけなので、責任とやりがいがあります。デメリットは、医療の最新情報が得られないということが挙げられます。

また、小さな職場なので、自分に合った環境かどうか入ってみるまではっきりわからないという面もあります。

看護師の転職は

圧倒的な求人数(8万件以上)がある「ジョブデポ看護師」がおすすめ。
他のところが広告費に充てる部分をお祝い金 として求職者に還元し、最大40万円のお祝い金をもらえる所も人気の秘密です。個人情報保護も徹底した厚生労働省認可の紹介会社です。


コンテンツ

  1. 医療系が女性におすすめの理由
  2. 医療業界の今後
  3. 介護業界の今後
  4. 何を大事にする?
  5. 看護師の資格は医療系のパスポート
  6. 大病院の看護師
  7. 個人病院の看護師
  8. 社会福祉施設
  9. 訪問看護師
  10. 企業で働く
  11. 保育所で働く
  12. 養護教諭になる
記事検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索