憧れの看護師☆人気の医療事務★ 医療系女子の生き方ファイル

このエントリーをはてなブックマークに追加

介護業界の今後

介護業界の現状と課題

介護市場は約4兆円、関連ビジネスも含めると8兆円とも言われています。超高齢化社会の今後はさらに市場拡大が見込まれます。国が2000年に創設した「介護保険制度」は国民が広く介護保険料を負担し、介護サービスを受けるときには自己負担割合が1割になるもので、自治体などが運営しています。しかし、介護需要が増加して赤字に陥っている自治体が多く、2012年4月から大半の市町村で介護保険料が値上がりとなりました。

深刻な介護士不足

現在、有効求人倍率が最も高い(つまり売り手市場)職種のひとつが介護職です。地域差もありますが、おおむね福祉施設は常に人手不足で、そのため現場職員の離職率も高く、少ないスタッフで多くの入所者をケアするという現状があり、改善が必要です。介護士の待遇の低さも問題です。やりがいを感じて仕事をしていた人も、長年勤めても給与が上がらないで止むjなく辞めるケースもあり、熟練スタッフの確保がいっそう深刻な課題です。

介護士志望者が最も不安な「待遇」だけど

職場や地域によっても差がありますが、介護職の給与が低く抑えられていることは事実のようです。介護職を希望する人にとっては最も気になるところです。高齢化の進行と介護現場の人出不足の現状が続いているので、介護士の待遇改善については、今後政策として必ず必要になると思われます。しかし、「確実によくなる」という保証がない今、介護士になろうという人は、以下のようなメリットに着目すべきでしょう。

☆短期間で資格をとってすぐに仕事ができる
 ホームヘルパーなら学校へ通えば最短1ヵ月で取得でき、資格をとったらすぐに就職が可能です。給与が低いといってもアルバイトよりは時給が高いですから、お金を貯めてさらに別の医療の資格をめざす、という方法もあります。

☆どこでもすぐ仕事ができる
 配偶者の転勤の可能性がある人は、全国どこへ行ってもすぐに近隣で仕事が見つかります。

☆福祉の専門家を目指す
 介護の現場を経験してから、さらに勉強して福祉施設を経営したリ、地域福祉の専門家を目指すというような目標を持てば、やりがいのある仕事です。

看護師の転職は

圧倒的な求人数(8万件以上)がある「ジョブデポ看護師」がおすすめ。
他のところが広告費に充てる部分をお祝い金 として求職者に還元し、最大40万円のお祝い金をもらえる所も人気の秘密です。個人情報保護も徹底した厚生労働省認可の紹介会社です。


コンテンツ

  1. 医療系が女性におすすめの理由
  2. 医療業界の今後
  3. 介護業界の今後
  4. 何を大事にする?
  5. 看護師の資格は医療系のパスポート
  6. 大病院の看護師
  7. 個人病院の看護師
  8. 社会福祉施設
  9. 訪問看護師
  10. 企業で働く
  11. 保育所で働く
  12. 養護教諭になる
記事検索

Yahoo! JAPAN

  • ウェブ全体を検索
  • このサイト内を検索